平成最後の芥川賞、直木賞発表!

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは!地下 くまざわ書店です。

 

2019年1月16日に発表された、

平成最後の芥川賞・直木賞の各受賞作はご覧になりましたか?

 

第160回芥川賞受賞作は

『ニムロッド (上田岳弘)』と『1R1分34秒 (町屋良平)』、

直木賞受賞作は『宝島 HERO’s ISLAND (真藤順丈)』に決定しました。

 

 

芥川賞・直木賞とはどんな文学賞がご存知ですか?

 

芥川賞(芥川龍之介賞)は、文藝春秋の創業者・菊池寛が、

友人である芥川龍之介の名を記念し制定した文学賞です。

雑誌(同人雑誌を含む)に発表された、

新進作家による純文学中編・短編作品の中から

最も優秀な作品に贈られる賞です。

 

直木賞(直木三十五賞)は、

同じく菊池寛が友人の直木三十五の名を記念し、

芥川賞と同時に制定した文学賞です。

無名や新進・中堅作家による

エンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)の中から

最も優秀な作品に贈られる賞です。

直木賞といえば以前は無名作家の新人賞という印象が強かったようですが、

昨今ではベテラン作家の受賞が多いようです。

直木賞選考委員・林真理子さんもコメントで、

『私のころはまだ、新人賞の様相がありましたが、

最近は一家を成している方が多く、

直木賞はますますベテラン(向け)の大きなものになっていくんじゃないかな、という感慨を持ちました。』とおっしゃっています。

 

 

それぞれの受賞作についてご紹介します♪

 

 

  芥川賞受賞『ニムロッド』

本作は、ビットコインを題材とした仮想通貨小説です。

仮想通貨をネット空間で「採掘」する僕・中本哲史。

中絶と離婚のトラウマを抱えた外資系証券会社勤務の恋人・田久保紀子。

小説家への夢に挫折した同僚・ニムロッドこと荷室仁。

やがて僕たちは、個であることをやめ、全能になって世界に溶ける。

「すべては取り換え可能であった」という答えを残して。

 

著者の上田岳弘さんは、候補3度目にして念願の芥川賞を受賞されました。

ご本人もIT系ソフトウエア会社の役員を務める兼業作家。

単行本は1月24日発売予定です。

 

 

芥川賞受賞『1R1分34秒』

青春小説の新鋭が放つ渾身の一撃。

デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。

当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。

考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは

自分の弱さに、その人生に厭きていた。

長年のトレーナーにも見捨てられ、

変わり者のウメキチとの練習の日々が、

ぼくを、その心身を、世界を変えていく――。

 

著者の町屋良平さんがボクシングを題材にしたのは

デビュー作『青が破れる』以来2度目。

24歳から10年ほど練習生としてジムに通った経験がもとになっているそうです。

 

単行本は1月26日発売予定です!

 

 

長崎は東京発売より数日遅れての入荷となります。

ご予約頂きますと、入荷次第ご連絡を差し上げますので

どうぞスタッフにお声掛けください。

 

 

 

直木賞受賞作『宝島 HERO’s ISLAND』

本作は、第9回 山田風太郎賞受賞作でもあり、

戦後から返還までの沖縄の歴史を描いた作品です。

 

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。

固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。

生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。

少年少女は警官になり、教師になり、

テロリストになり―同じ夢に向かった。

超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

 

こちらは1月下旬より重版入荷予定です。

 

 

芥川賞は文藝春秋3月号に全文掲載されます。

こちらもぜひご予約下さい♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です