★お宮参り★招福お祝い着

幸せを招く招福お祝い着。

一生に一度のお宮参りにかかせないお祝い着。

すくすくと健やかに、お子様のお幸せな成長を祈って・・・

招福お祝着
男児向け招福祝着

男児向け招福祝着

招福祝着_女児

女児向け招福祝着

お宮参りの由来と意義

お宮参りは、古くは「うぶあげの祝い」と言われ、生まれた土地の氏神様(産土神)の氏子の一人となったことを報告する儀式に始まったものです。かわいいお子様のご誕生を祝い、将来健やかに成長するようにと祈るために、初めて、氏神様にお参りするものです。

◆お宮参りする日取りと場所◆

地方によってお参りする日は少々異なるようですが一般的には、男児は生後三十日目、女児は三十一日目にするのが普通のようです。けれども、あまり日数にこだわることはありません。あくまでも赤ちゃん本位で、冬ならば暖かい日、夏ならば涼しい日を選んで近くの神社へお参りしてください。

◆お宮参りのしかた◆

お宮参りには、夫婦の祖母が赤ちゃんを抱いていくのが昔からのしきたりで、母親は産後のことでもあり、あとについていきます。しかし、内祝いですから、しきたりにこだわることなく、父親が付き添ったり、姉妹の応援を頼んでも差し支えありません。この際、赤ちゃんの頭を守るために帽子をかぶせてあげてください。ベビー服か、一つ身を着せて、前抱きして祝い着を赤ちゃんにはおります。

 

まとめ

・お子様が誕生されたら、健やかに成長するようお宮参りへ。

・赤ちゃんが過ごしやすい天候の折に、お参りするとよい。日数は目安。

・男児・・生後三十日目

・女児・・生後三十一日目

・赤ちゃんには帽子をかぶせ、ベビー服の上から祝い着をはおる。

宮参りのきもの 5階呉服麗裳苑にて豊富に品揃え

麗裳苑のご案内
LINEで送る
Pocket

宮参りアイキャッチ

TWINKLE 秋の文化祭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です